トロール砦

トンネルズ&トロールズを中心に思い付きを書くブログ

P9010001

5版のマスタースクリーンは2種類あることをご存じですか?
上の写真で右側がシンタックス・エラー版のものです。
現在の社名グループSNEになる前ですね。
それに対して左側が社会思想社版のものです。
シンタックス・エラー版が先に出て、社会思想社版が後だったと思います。
P9010005
シンタックス・エラー版は青いです。
P9010004
社会思想社版は緑色です。
どちらもマスタースクリーンの記載内容は同じです。
供に著者は清松みゆき氏です。
どちらもしっかりした厚手の紙製ですが、社会思想社版の方が表面のコーティングがしっかりしていて綺麗です。
P9010006
これはシンタックス・エラー版に付属のシナリオ「巨人の剣」です。
1~3経験レベル4~6人程度用のシナリオで、題名の巨人の剣を探す冒険です。
島を探索する屋外の冒険とダンジョン探索が組み合わさったシナリオです。
P9010007
こちらは社会思想社版に付属のシナリオ「ジャイアント・クエスト」です。
2経験レベル4~6人用のシナリオです。
こちらも巨人がらみのシナリオです。
同じ名前の「巨人の剣」まで登場しますが、こちらはその剣を振るって村を襲う怪物を倒してくれる巨人を探しに行く冒険です。
こちらも屋外の冒険とダンジョン探索が組み合わさったシナリオです。
P9010003
これは社会思想社版のカバー?です。
ルールブックの表紙でおなじみの<これでもくらえ!>を受けるトロールですね。
P9010008
これは社会思想社版に付属の魔法一覧です。
もしかしたらシンタックス・エラー版にもこういうものがあったかのかもしれませんが、私が所持しているものは中古で手に入れた物なので付属していませんでした。
P9010004 (2)
これも社会思想社版に付属のキャラクター用紙です。
20枚も付いていました。
1991年発行ですから、当時はコピー機やプリンターがどこにでもあるわけでない時代ですから、こういうのが必要だったのですね。
私も白い紙にボールペンで手書きしたキャラクター用紙を使っていました。

今回はちょっと懐かしい品の紹介でした。

良い冒険を!


にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村

テーブルトークRPG(TRPG)ランキング


gladstones-library-3510547_1920

 トンネルズ&トロールズ完全版が発売された後に出たシナリオ(GMアドベンチャー)を一覧表にしました。
私の知る限りですので、もれがあるかもしれません。
同じキャラクターで計画的に多くの冒険が出来るように各作品のレベル等の制限を入れました。

タイトル 掲載本 制限など 作者
1 ベア・カルトの地下墓地 レベル1 AS4 低レベル ”熊の”J.ピーターズ
2 ベア・ダンジョン レベル1 AS4 1、2、3レベルのキャラクター ”熊の”J.ピーターズ
3 ベア・ダンジョン レベル2 AS4 2レベルから4レベルのキャラクター ”熊の”J.ピーターズ
4 ベア・ダンジョン レベル2 AS4 なし ”熊の”J.ピーターズ
5 アンクル・アグリーの地下迷宮レベル1
なし ”醜い”ジョン・カーヴァー
6 ダンジョンズ&ドランカーズ シタ 作成したばかりのキャラクター3~4 人(パーティー戦闘力 100 前後) かあかばあど
7 ウッズエッジ亭 M!M!1 モンスター ケン・セント・アンドレ
8 トロールストーンの洞窟 完全版 AS3 パーティ戦闘力150~200、合計10レベルほどのパーティ ケン・セント・アンドレ
9 トロールをつかまえろ M!M!1 5レベル以下 ケン・セント・アンドレ
10 モルグルの穴蔵 TtT5 ケン・セント・アンドレ
11 ゾルの奥地へ 完3 1~5レベル4~8人 ケン・セント・アンドレ、”熊の”ピーターズ、リズ・ダンフォース
12 おばさんのレシピを求めて TtT4 作りたてのキャラクター4人( 攻撃力合計の期待値160前後) たまねぎ須永
13 トロールスモークの洞窟 TtT1 経験レベル3以下 3~6人 戦闘力100前後 たまねぎ須永
14 雲原のイケナイ泉 WLM3 フェアリー専用 作りたてのキャラクター4人(パーティー戦闘力 100 前後) たまねぎ須永
15 血に飢えた野菜 TtT2 作りたてのキャラクター4人( パーティ戦闘力90前後) たまねぎ須永
16 蓮の葉の上で WLM2 作りたてのキャラクター4人( 攻撃力合計の期待値120前後) たまねぎ須永
17 癒しの首飾り WLM4 作りたてのキャラクター4人( 攻撃力合計の期待値100前後) たまねぎ須永
18 固茹で狂想曲 スチ 作りたてのキャラクター4人( パーティ戦闘力120前後) たまねぎ須永
19 雪の滝を越えて WLM1 作りたてのキャラクター4人( パーティ戦闘力120前後) たまねぎ須永
20 呻吟の森 TtT5 作りたてのキャラクター4人( 攻撃力合計の期待値120前後) たまねぎ須永
21 ウルク殺し WLM5 ウルク、グレムリンまたはモンスターの作りたてのキャラクター4人(ヒットの合計の期待値:パーティ戦闘力100前後) たまねぎ須永
22 フロオカ大騒動 WLM5 作りたてのキャラクター4人(ヒットの合計の期待値:パーティ戦闘力100前後) たまねぎ須永
23 アクストン王の墓所 AS1 2~3人向け 5人以下 低レベル ポール・ライアン・オコナー
24 監視の城 AS4 作ったばかりのキャラクター向け マイケル・スタックポール
25 黒龍亭 AS1 個人修正100以下10レベル未満 マイケル・スタックポール
26 海の略奪者の霊廟 AS1 中級~上級キャラクター リズ・ダンフォース
27 「傭兵剣士」多人数用シナリオ AS7 なし 岡和田晃
28 「青蛙亭ふたたび」多人数用シナリオ AS7 なし 岡和田晃
29 「<黒のモンゴー>の塔ふたたび」多人数用シナリオ AS7 なし 岡和田晃
30 アンクル・アグリーの地下迷宮レベル2 WLM4 平均ヒット130-150 岡和田晃/たまねぎ須永
31 ベア・カルトの地下墓地 レベル2 AS4 レベル1をあらかた踏破したパーティ 岡和田晃/杉本=ヨハネ
32 ドルイドの末裔 WLM5 キャラクター3~4人 (ラヴクラフト・ヴァリアント・シナリオ) 岡和田晃/豊田奏太
33 スパイダーリムの攻防 三から四人 河嶋陶一朗
34 砂中に転がる運命と知りて TtT5 作りたてのキャラクター4~6人( 攻撃力合計の期待値150前後) 笠竜海
35 鮮紅いイト WLM2 作りたてか少し成長したキャラクター4~5人 笠竜海
36 復讐は黒き刃と共に AS5 作りたて(1~2レベル)4~5人 笠竜海
37 最古の魔法VS最硬の魔法 WLM5 作りたてのキャラクター4人以上(パーティ戦闘力120以上) 笠竜海
38 Take it easy TtT4 作ったばかりか、または1~2度ほどの冒険を経たキャラクター1~5人程度(1人あたり戦闘力20程度) 杉浦武夫
39 健全なる肉体の代償 TtT2 作りたてのキャラクター3人以上 パーティ戦闘力70以上 杉浦武夫
40 イントゥ・ザ・キャット W&LC7 戦闘力120ていど 杉本=ヨハネ
41 魔法学校の冒険 TtT3 作りたてのキャラクター4~5人( パーティ戦闘力170前後) 杉本=ヨハネ
42 シナリオ版「カザンの盗賊たち」 AS6 盗賊用 杉本=ヨハネ
43 シナリオ版「海と炎の冒険」 AS6 戦士用 杉本=ヨハネ
44 シナリオ版「故郷への旅路」 AS6 冒険者3人戦士、魔術師、盗賊それぞれ2レベル以下 杉本=ヨハネ
45 シナリオ版「白き約束の日」 AS6 冒険者3人戦士、魔術師、盗賊それぞれ2レベル以下 杉本=ヨハネ
46 シナリオ版「ナーガの密林の冒険」 AS6 なし 杉本=ヨハネ
47 シナリオ版「ガルの海賊たち」 AS6 戦士用 杉本=ヨハネ
48 シナリオ版「ホワイトアイズ」 AS6 最大2人 杉本=ヨハネ
49 シナリオ版「<老いぼれクーティ亭>の冒険」 AS6 戦士用 杉本=ヨハネ
50 小人の迷宮 AS6 作りたての4人か、経験のある3Lv以下の冒険者3人 平均戦闘力150点程度 杉本=ヨハネ
51 岩巨人の山 TtT5 戦闘力160ていどのパーティ 清水龍之介
52 イエロー・ロアの洞窟 スチ 作りたてのキャラクター4人( パーティ戦闘力120前後) 清水龍之介
53 子猫のエマリー救出作戦! TtT2 作りたてのキャラクター3人以上 パーティ戦闘力90以上 川人忠明
54 魔女の復讐 TtT4 作成したばかりのキャラクター3~5人 (ラヴクラフト・ヴァリアント・シナリオ) 川人忠明
55 怪人の島 WLM1 作成したばかりのキャラクター3~4人 (ラヴクラフト・ヴァリアント・シナリオ) 柘植めぐみ
56 インテリジェント・クリッパー・バーンナップ! TtT4 作りたてのキャラクター4~6人( パーティ戦闘力100前後) 北沢慶
57 魔術師の引っ越しは、迅速に TtT2 4-6人 パーティ戦闘力110前後 北沢慶
58 グレートマンティスの島 TtT3 パーティ戦闘力180くらい 毛島船
59 ターム村の黒雲 TtT3 パーティ戦闘力160くらい 毛島船
60 牛頭山の山賊 TtT3 パーティ戦闘力160くらい 毛島船
61 月の王の杖 AS1 作りたての4人( パーティ戦闘力160前後) 毛島船
62 古代神殿の秘宝 TtT3 パーティ戦闘力180くらい 毛島船
63 黒いライオン AS2 パーティ戦闘力150くらい 毛島船
64 思い出 AS1 何回か冒険をくり返した4人(パーティ戦闘力190ぐらい) 毛島船
65 死してなおの思い AS1 何回か冒険を行った4人パーティ( 戦闘力160ぐらい) 毛島船
66 死の先に待つ者 TtT3 パーティ戦闘力160くらい 毛島船
67 世界で一番小さな迷宮 AS2 パーティ戦闘力170くらい 毛島船
68 脱出への道 AS1 4人のパーティ(パーティ戦闘力160ていど) 毛島船
69 白き霧の湖 AS2 パーティ戦闘力170くらい 毛島船
70 老魔術師の誤算 TtT3 パーティ戦闘力160くらい 毛島船
71 くしゃみひとつで地獄に落ちろ WLM5 作りたてのキャラクター4~5人( ヒット合計の期待値=パーティ戦闘力100前後) 友野詳
72 はじめてのトラップブック GTB 作りたてのキャラクター4人(武器と個人修正によるダメージの合計平均100前後) (日本版で付けられたもの)

掲載本凡例
完:トンネルズ&トロールズ完全版ルールブック
TtT:トンネル・ザ・トロールマガジン
WLM:ウォーロック・マガジン
AS:アドベンチャーシリーズ
M!M!:モンスター!モンスター!
遊:トンネルズ&トロールズでTRPGをあそんでみる本
スチ:T&Tスチームパンク
W&LC:ウォー&ロッククロニクル
シタ:砦と沼の街  シタデル市
GTB:グリムトゥースのトラップブック


なお、この記事は定期的に見直し更新します。

良い冒険を!

にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村

テーブルトークRPG(TRPG)ランキング


portal-1676713_640
トンネルズ&トロールズ用ソロ・アドベンチャー

災厄の村

作 Shawn Cloudfall
訳 雲ヶ谷 正運

はじめに
「我が村へようこそ」
君は村の入り口で騎乗の男に迎えられた。
彼はアルリック卿といい、このブーリン村を治めている。
黒いマントをまとい、青白い顔をした痩せた男だ。
「使いの者から大体の話は聞いていると思うが、この数週間というもの我が村は恐怖にさらされている。
夜ごとに村人が正体不明の怪物に襲われているのだ。
かろうじて難を逃れた目撃者の話では毛におおわれた人と獣が混じったような怪物だという。
まるでこの村に昔から伝わる人狼のようだったと言う者もいる。
そこで、怪物退治で名を馳せている貴殿にご助力をお願いした次第だ。
この村を調査して、どこに怪物が潜んでいるのか見つけてもらいたい。
報酬には約束通り500gp用意してある。
村の者達にも貴殿の調査に協力するよう伝えてある。
この村の者は皆正直者だ。本当のことしか言わないので信用してよい。
しかし、村人の中に怪物が紛れ込んでいるなら嘘をつくだろう。
油断せぬことだ。
私は舘で待っている。
この路を真っすぐ進んだ村の奥だ。
今日の日暮れまでに怪物を見つけ出してほしい。
頼んだぞ。」
アルリック卿はそれだけ言うと、黒い馬を翻して村の奥に走り去った。
村は怪物騒ぎの為か外を歩く者の姿は無く、閑散としている。
やれやれ、大変なところに来てしまった。
ともかく君は村の中心部へ向かって歩き出した。



ルール
このソロ・アドベンチャーを遊ぶにはトンネルズ&トロールズ完全版が必要です。
このソロ・アドベンチャーはプレイヤー・キャラクターの戦闘力が100程度までに想定しています。
役割に制限はありませんが、魔法については、戦闘時に戦闘用の魔法の効果を各自で判断して下さい。
その他の魔法については文中に出てくるものしか使用できません。
種族は人間、エルフ、ドワーフ、ホビットを想定しています。あまり小さすぎる種族や人間社会に受け入れられないような怪物は使用するべきではありません。
せいぜい”品の良い”半オークぐらいまでとしましょう。
理解していると思いますが、今回人狼キャラはダメです。
魔法の武器、防具は持ち込んで構いませんが、特殊な効果の魔法の品、例えば、ドアのカギを開ける魔法の品や空を飛べる魔法の品は使用できません。
ただし文中に魔法が出てきた際にそれと同じ効果のある魔法の品を持っているときは想像力を働かせて魔法の呪文の代わりとしても良いでしょう。
魔法の回復薬を持っているなら、好きな時に使って下さい。
タレントについてはあなたの裁量で処理をお願いします。
冒険に出る際は適切な装備を持って出るようにして下さい。ルールブックから装備をそろえると良いでしょう。
ワンダリング・モンスター表を参照するよう指示する場合があります。対象のページへのリンクはありますが、行った先に戻るリンクは無いので工夫してください。
ワンダリング・モンスター表で何か財宝を得た場合は宝物表で何を見つけたか決定してください。
それでは冒険を始めましょう。
A1へ進め。

↑このページのトップヘ