pierrefonds-castle-535531_1920

前回はあなたの領民が生産する作物の総量を計算しました。
今回はそれが金額にしていくらになるか、また税収はどれくらいになるかについて考えます。



農家一軒当たりの一年間の収穫量は次のようになりました。

大麦(またはオート麦)3,024リットル(94,080重量点)
小麦1,512リットル(47,040重量点)
牛乳1,260リットル(28,000重量点)
羊6頭
羊毛8.7キロ(193重量点)
豚11匹



税について


あなたの領民から取り立てる税をいくらにするかは領主であるあなたの裁量ですが、西洋ではローマ帝国や教会に収める十分の一税が有名ですね。
中世では領主に収める税の他に教会にも十分の一税を収めていたようですが、T&Tの世界ではキリスト教に当たるような広く世界に根差した宗教組織はありません。かといって、全く宗教が無いわけでもないようですので、それぞれの地方によるのでしょう。
昔の日本だと「四公六民」といいいますね。シミュレーションゲームでもそのくらいに設定することが多いでしょうか?
50%を超えると反乱が起きそうですね。
20%や30%は領民思いのやさしい領主という感じでしょうか?
今回は40%としましょう。

その他に中世の西洋では労働による税もありました。これについてはまた後で出てきます。

あなたの領内には17世帯の領民がいますので、税収は先に述べた1軒当たりの収穫高の40%×17軒となります。

大麦(またはオート麦)20,563リットル(639,738重量点)
小麦10,282リットル(319,884重量点)
牛乳8,568リットル(190,400重量点)
羊41頭
羊毛59.2キロ(1,316重量点)
豚75匹

これがあなたの領地からの税収になります。



農民はこれで暮らしていけるの?

税を収めた農民に残された物はこうなります。

大麦(またはオート麦)1,814リットル(56,436重量点)
小麦907リットル(28,218重量点)
牛乳756リットル(16,800重量点)
羊4頭
羊毛5.2キロ(122重量点)
豚7匹

これらから1軒の農家6人が1年間で食べる分を引きましょう。
人間1人が1日に必要とする食料は以前に食料についての記事で考察した数字があります。
今回は完全版ルールブックの食料1日当たり15重量点という値を使います。

15重量点/一日×365日×6人=32,850重量点

これで1家の1年分の食料がでました。本当は穀物や脂質、タンパク質、野菜などバランスを考えるべきかもしれませんが、全部大麦(またはオート麦)から引きます。
その他の栄養素はここでは計算に入れなかった庭で飼っているニワトリやアヒル、川で獲った魚や、家庭菜園の野菜、食べられる野草や木の実などから摂っていることとしましょう。

家族が食べる分を引いた後に残ったのはこれだけです。

大麦(またはオート麦)758リットル(23,586重量点)
小麦907リットル(28,218重量点)
牛乳756リットル(16,800重量点)
羊4頭
羊毛5.2キロ(122重量点)
豚7匹

これらを市場で換金します。
完全版のルールブックは食料についてあまり詳しく書いてないので、主に7版を使います。

オートムギ 30重量点 2sp
牛乳 3重量点 0.5sp
羊(肉として) 20重量点 5sp
豚(塩漬けの豚) 30重量点 5sp

あと分からないのは小麦と羊毛の価格です。
小麦はイギリス・ウェールズの歴史ーカムログを参考にさせてもらい、小麦が2670円/kgから計算すると、オート麦と同じ30重量点で36spとなります。
オート麦の18倍の価格になりこれでいいのかちょっと疑問ですが、小麦は庶民には手が出ない贅沢な食べ物ということでこのまま採用します。

羊毛についてはいつもの参考資料