P5050001

シックス・パックのメタルフィギュアを入手しました。
今回はその紹介と、T&Tメタルフィギュア界を揺るがす衝撃の新事実を発表します!
 



シックス・パック


まずはシックス・パックのメタルフィギュアの紹介からです。
eBayで3体セットで出品されていたものを落札しました。
落札金額、手数料、国際送料含めるとメタルフィギュアに使うお金としてはかなりの金額になりましたが、正確な額は秘密です。
妻にバレるといけませんから。

今回手に入れたメタルフィギュアは以前の記事で紹介した、「Eisenwerk」というメーカーの「Six pack the Rock Demon」で間違いないようです。

詳しくはこのサイトで紹介されています。(注意:海外のサイトが開きます。)

正面からの写真はこの記事のトップに掲載しました。
今どきの精巧なメタルフィギュアと比べると作りが荒いですが、昔のメタルフィギュアならではの何とも言えない味わいがあります。
P5050002
これは背面です。おケツがプリプリです。
タルのフタの作りこみは頑張っていますね。
P5050003
裏の刻印です。
1980年制作?ですね。メーカーの銘も入っています。

「傭兵剣士」に登場するシックス・パックがよく再現されています。
ちなみに、これがBRIAN McCRARYによるシックス・パックです。
2
おそらく、BRIAN McCRARY画を基に制作されたのでしょう。
J・カービィのシックス・パックは耳の位置が少し下で角があり、もっと悪い顔をしています。
P5050006

ところで、一つ気になることがあります。
上のイラスト、タルの他にナイフを持っていますね。
メタルフィギュアの方はナイフを持っていません。
しかし、3体中2体に手に気になる窪みがあるんです。
P5050004
P5050005

もしかして、元はナイフとかビアジョッキなんかを持っていたのでしょうか?
私のメタルフィギュアは完品ではないのでしょうか?
しかし、このサイトのシックス・パックも手に何も持っていません。(注意:海外のサイトが開きます。)
新たな資料の発見など、今後の研究が待たれるところです。



更なるT&Tメタルフィギュアを求めて

話は変わりますが、今回シックス・パックのメタルフィギュアを入手出来たことで、あらためてT&Tメタルフィギュアのことを調べてみました。

そして、日本のT&Tメタルフィギュア界を揺るがしかねない衝撃の新事実を発見しました!

それは、

今でも新品のT&Tメタルフィギュアを普通に買えるじゃん!


ということです。

少なくとも、トンネルズ&トロールズ完全版ルールブックに載っているこの方たち、
P7120002

ガーゴイルのヴァシュタリと長い耳のトロール(グリムトゥース?)と青カブトムシ神は買えます。

どういうことかというと、このサイトにハッキリと「これらのアイテムの中には、Reviresco ( http://tin-soldier.com/ ) からまだ入手可能なものもありますが、」と書いてあるじゃないですか!(注意:海外のサイトが開きます。)

そうです、私は英語が不得意なので見落としていたのです。

これからは”雲ヶ谷正運”改め、”イングリッシュ拒否男”に改名します(嘘)。

もしかして、このブログをご覧の方は前から知っていましたか?

もう~、早く言ってよ~。


とにかく、私はTIN-SOLDIER.COMに進みました。(注意:海外のサイトが開きます。)

よかった。海外発送に対応しているショップのようです。

昔の「ソーサラーズ・アプレンティス」誌に載っていた広告には全8種でしたが、ずいぶん種類が多いです。
無題

しかし、「TUNNELS & TROLLS」と書いてあるわけでは無いので、全部がT&Tメタルフィギュアではない可能性があります。

今回は、以下の4種を注文しました。
Tavashtri(タヴァシュトゥリ、完全版ではヴァシュタリです。)
Cave Troll(昔の広告にはLONG EARED CAVE TROLLと表記されていた、長い耳のトロールです。)
Blue Beetle(青カブトムシ、昔の広告のような祭壇のジオラマセットではなく単品のようです。)
Chained Demon(鎖につながれた悪魔、ベア・ダンジョンのレベル2に登場する悪魔です。私は以前の記事では読み間違えて、チャイニーズ・デーモンだと書いてしまいました。ここでも、「イングリッシュ拒否男」の片鱗が...。)

品物が到着したら、またこのブログの記事で報告しますね。
他にもレッドソニアとか、コナンぽいバーバリアン・ヒーローとか気になるフィギュアがありました。

最後に、この記事をご覧になって同じようにメタルフィギュアを注文してみたくなった方のために老婆心ながら注意点を述べさせていただきます。

今回のショップも支払いにPayPalを利用しました。
今回のショップには改めて名前や送り先住所などを尋ねられましたが、PayPalに登録した住所をそのまま利用するショップもありますので、海外のショップでの買い物にPayPalを利用する方は英文の表記で住所を登録しておく方が無難です。
PayPalの言語をEnglishにしてログインすると英文表記で住所登録できます。
そのあとで日本語でログインし直しても住所は英文表記のまま残ります。
住所の英文表記はこのブログの以前の記事に書き方がありますのでご参考にして下さい。

なお、当ブログおよび雲ヶ谷正運はあなたの買い物のトラブルの責任は一切負いませんので自己責任で行ってください。

それでは、良い冒険を!

にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村


テーブルトークRPG(TRPG)ランキング