B1

ロブダは君の返答に驚いたようだ。

君が去ろうとすると、2人の衛兵が進路を塞ぐ。

「よい。通してやれ。だが、今の話を他言するならお前の命は無いぞ。」

ロブダは手を振って、そう言った。


君は”鷲鼻親父亭”を後にした。

とりあえず今夜の宿を探そうと、君は街の中心部へ向かって歩いていく。

「旦那、宿をお探しかい?」

君に声をかけてくる男がいる。

その男は君に近づくと、君にだけ聞こえるくらいの小声で話した。

彼はオレルと名乗り、王妃ゾータリアに反対する勢力の一員で、他に仲間もいるらしい。

彼によると国王を毒殺したのはゾータリアの方で、ペルシカリア王女を陥れ、国を乗っ取ろうとしているという。
危機を察した王女は”聖王のメダル”を持って逃げ出したのだ。

国王の証の”聖王のメダル”がなければゾータリアは新たな女王に即位することはできない。

それで王妃は血眼になって王女を追っているのだという。

君には地下迷宮から王女を助け出して、王女の伯父であるボルリー伯の城まで連れて行って欲しいという。

この頼みを引き受けるならB4へ。

断るならB7へ。




B2

君は武器を構えてオレルの横に立った。

「早く地下迷宮へ!」

しかし、見捨てておいていく訳にはいかない。

前のパラグラフで決定した2d6+10人の敵兵士のうち、君が相手にするのは半分だ。

残念ながら、端数がいたらそれも君の相手だ。

第1戦闘ターンは1d6人と戦うことになる。

次からの戦闘ターンにはさらに1d6人ずつ増えていく。

敵の兵士のMRは1人あたり10だ。

君が敵の兵士を全員倒すことが出来たなら、その頃にはオレルも自分の相手を片づけてしまっている。

君は倒した全員のMRの合計と等しい冒険点を得る。


しかし、森の中からまだまだ敵の兵士の増援がやってくる。

「もう行って下さい。2人ともここで倒れたらムダ死にです。」

オレルの言う通りにするしかないようだ。B5へ。




B3

君は落盤に巻き込まれて生き埋めになる。

君の冒険はここで終わりだ。




B4

city-3864462_1920
オレルは喜んで君を地下迷宮に案内する。

裏路地に入ったところで、行く手を塞がれた。

君はロブダに見張られていたのだ。
彼は大鎌を振りかざして向かってくる。

後ろに下がろうとすると、そちらにも2人の衛兵が立ちふさがっている。

ここは狭い路地、逃げ場は無い。

2人の衛兵はオレルが相手をする。

君はロブダと戦え。彼のMRは29だ。

君がロブダを倒したならB6へ。




B5

君は岩の裂け目に飛び込んだ。

後ろからオレルの声が聞こえる。

「ペルシカリア様のことをお願いします。」

ドーン!


爆発音がして、岩が崩れだす。

背後からどんどん落盤が迫ってくる。

速度で1レベルのセービング・ロールをすること。

成功ならB8へ。

失敗ならB3へ。




B6

ロブダを倒したことで、君は29冒険点を得る。

君がロブダを倒した時、オレルも戦いを終えていた。

ロブダは30gpが入った財布とクラーレの小瓶(3回分)を1つ持っていた。

オレルと共に地下迷宮へ急ぐならB9へ。

すでに君のことはゾータリア側に知られてしまった。

怖気づいて、この冒険をあきらめるならB7へ。




B7

君にはがっかりだ。
いったい何をしたくて、このソロ・アドベンチャーを始めたのだ?
ここにはもう君のための冒険は無い。



B8

君は落盤の前を走り続ける。
通路の突き当りに木製の扉が付いている。
君はそれを突き破るように奥へと滑り込んだ。
落盤が止まる。
しかし、君の後ろで通路は完全に塞がってしまった。
地下迷宮の中は暗い。
君は明かりを持っているだろうか?
松明やランタン、魔法の明かりでもいい。
持っていない場合はこれから先の戦闘で、敵の動きをよく捉えることが出来ないので、君のヒットは半分になる。(端数切り上げ)

さて、君が今いる場所は岩を削って作ったと思しき部屋だ。
部屋の中には木製の円形のテーブルと背もたれの無い椅子が5脚ある。
テーブルの上には鞘に収まった小剣が置いてある。
この部屋の出入り口は西側にある木製の扉だけだ。
東側には君が来た通路があったが、岩で埋まってしまっている。
テーブルの上の小剣を調べるならE1へ。
西側の扉からこの部屋を出るならG1へ。



B9
rock-2524197_1920
君達は地下迷宮に向かう。
岩山のふもとに洞窟の入り口がある。
その地下迷宮の入り口を囲むように王妃の軍勢が陣を張っている。
これでは地下迷宮に入ることが出来ないが、オレルは別の入り口を知っているという。
君達は軍勢を避けながら少し離れた別の場所へ向かった。
オレルに続いて大岩を登ると岩の間に人が入れそうな隙間がある。

「怪しい奴め!」
その時、王妃ゾータリアの配下に見つかってしまった!
君達が登っている大岩の周りを2d6+10人の兵士に囲まれている。
「ここは私に任せて先に行って下さい!」
地下迷宮の入り口に飛び込むならB5へ。
オレルと共に戦うならB2へ。