トロール砦

トンネルズ&トロールズを中心に思い付きを書くブログ

カテゴリ: 製品紹介

無題


T&Tアドベンチャーシリーズ4 ベア・ダンジョンの紹介です。

シナリオが2本、「ベア・ダンジョン」に「ベアカルトの地下墓地」と熊尽くしの内容に、ソロ・アドベンチャー「運命の審判」も収録されています。


ベア・ダンジョン

かつて社会思想社版も出たことがあります。

作者は”熊の”J.ピーターズです。

T&Tの創生にも関わった神の一人ですね。

おそらく、熊を連想させる巨体の持ち主なんでしょうか。

トンネルズ&トロールズのシナリオの中でも屈指の”凶悪シナリオ”の印象がある作品ですが、本当にそうなのか今回改めて読んでみました。

結論から言うとやっぱり”凶悪シナリオ”でした。

監視の城とレベル1は何とかなりそうです。

セービング・ロールはほとんどが1レベルですし、強いモンスターはいますが無理に戦う必要はない場合も多いです。

そういうセービング・ロールとかMRで押してくるのでは無く、危険でどこかユーモラスな罠がたくさん仕掛けられていますので、知恵を絞って回避するのが楽しいです。

しかし、レベル2から先は完全に殺す気です。

もしこのダンジョンに挑むのであれば、他で手に入れた魔法の武器で完全装備し、能力値もブーストした集団で臨むことをおススメします。



ベア・カルトの地下墓地


英語の5版のボックス・セットの中にこれの冊子が入っていて、ずっと前から持ってはいたのですが読めずにいました。

今回日本語版が出たことで、やっと内容を知ることが出来ました。

作者はやはり”熊の”J.ピーターズです。

「ベア・ダンジョン」とは異なり、このシナリオには<熊神の教団>の構成員を捕らえるという目的を与えられています。

ストーリー性の高いシナリオかなと思い目を通すと・・・・。

やっぱり殺す気満々のシナリオでした。

本書には日本版オリジナルのレベル2が付いてきます。

その部分の作者は岡和田晃氏と杉本ヨハネ氏です。

先ほど述べた<熊神の教団>を捕らえる目的はレベル1で完結するので、このレベル2はオマケの冒険的なものですが、ユーモラスなシナリオに仕上がっていて、本家のシナリオに引けを取りません。


運命の審判

このトンネルズ&トロールズを語る上でも重要なソロ・アドベンチャーがこんな扱いでいいのでしょうか?

メインで1冊出せたのではないですか。

作者はケン・セント・アンドレです。

なぜ、このソロ・アドベンチャーが重要かというとありとあらゆるソロ・アドベンチャーやシナリオで罪を犯したキャラクターはここに送られるか、「カザンの闘技場」で奴隷として戦わされることになるからです。

そう、ここは犯罪者を処罰するために送り込むダンジョンなのです、

おそらくカザン市の子供は「悪い子は運命の審判に送られるよ。」と言われてしつけをされるのでしょう。

原題を「Naked Doom」と言います。

Nakedは裸、Doomは運命とか破滅という意味です。

その名の通り、主人公は冒頭で腰帯一つの状態で「運命の審判」に放り込まれ、後ろから衛兵に矢を射かけられこう言われます。

「走れ、犬ころめが!」

余談ですが、私は水泳の趣味があるのですが、プールに続くシャワーのついた通路でこの「走れ、犬ころめが!」のシーンをいつも思い出します。

(注:プールで走ってはいけません。)

あと、ネタバレになるので言えませんがあの有名な二振りの剣が登場するのもこの作品です。


良い冒険を!

にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村
 

ang-thong-1671770_1920

トンネルズ&トロールズ完全版 ブック2:さらなる詳細の51ページに何が載っているかご存じでしょうか?

これです。

P7120002

メタルフィギュアの写真です。

でもよく見てください。何かすごくないですか?

トンネルズ&トロールズのシンボルの耳がやたらでかいトロールに、デストラップで登場したガーゴイルのヴァシュタリと青カブトムシ神ですよ。

こんな物がこの世に存在するなんて!

すごい!

欲しすぎる!(ヨダレ)

これはアメリカ合衆国の国宝級の聖像に違いない!


これを知ってから、何とかこれを手に入れられないかと情報を集め始めました。

そして、「ソーサラーズ・アプレンティス」誌の2号にこんな広告を発見しました。

無題

これによると、聖像は8種あります。

1.ヴァシュタリ
 デストラップに登場する4本腕のガーゴイルですね。

2.青カブトムシ神
 恐怖の街に登場する青カブトムシ神。正確にはニセモノでしたっけ。

3.耳の長い洞窟トロール
 本家アメリカのT&Tにはこのキャラがよく描かれています。

4.ストーカー
 恐怖の街に登場する豹の頭の怪物ですね。

5.アムスロパガアス
 デストラップの管理人さんです。”輝く歯の”でしたね。

6.チャイニーズデーモン
 モンスター!モンスター!には載っていますね。ベア・ダンジョンで登場します。

7.バーバリアンヒーロー
 これは何のキャラクターか分かりませんが、もしかしてプレイヤー用でしょうか?

8.エルフ・メイデン
 これは写真もないので推測ですが、カザンの闘技場で恋人になるあのエルフの魔術師でしょうか?

特に青カブトムシ神のフィギュアはジオラマになっているのですね。豪華です。

個人的にはデストラップのハクサムや恐怖の街の網戦士も作ってほしかったです。

しかし、「ソーサラーズ・アプレンティス」誌に広告が出ているということは30年以上昔の物ですね。

分かっていましたが、今から入手はかなり困難でしょうね。



その後ネットでこんなサイトを発見しました。

各メタルフィギュアのもっと詳しい写真を見ることが出来ます。

McEwan Miniaturesというメーカーから出ていたのですね。

ただ、聞いたことが無いメーカーです。

それと、こんなページもありました。

すごい、すごいです!(大興奮)

シックスパックにほうき拳までいますよ!

あの名シーンが再現できますよ!(鼻血)


こっちは先ほどの物とは別のEisenwerk Industriesというメーカーらしいですね。

こちらも残念ですが知りませんでした。

これらの存在を知ってからというもの、ずっとeBayなどで探していますが、一度も出回っているのを見たことがありません。

まさに幻のメタルフィギュアです。


良い冒険を!

にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村

3

T&Tアドベンチャーシリーズ3 カザンの闘技場です。

表題作と「デストラップ」、それとシナリオ「トロールストーンの洞窟」が収録されています。


掲載作品紹介


それでは各掲載作品を紹介しましょう。


デストラップ

かつての社会思想社版では本がボロボロになるくらい遊びました。

まえがきを読むとこの作品は「バッファロー・キャッスル」を書いたリック・ルーミスに続いて、ケン・セント・アンドレが最初に書いたソロ・アドベンチャーのようです。

最初からこの作品が出来るとはケンはまさに天才ですね。

通常のゲームブックではありえない構造をしています。

通常のゲームブックのダンジョンではイベントが起こる部屋を通路でつないで移動するようになっています。

しかし、通路を移動して右へ行くか左へ行くかとかはどちらかというと退屈です。

(マッピングが楽しいことももちろんありますが。)

それに対してこの作品ではケンが考えた16個のシチュエーションに直接飛び込む構造をしています。

まさに楽しいところだけが凝縮された作品です。

大成功した証拠としてこの作品は後に「鏡の国のダンジョン」をはじめ模倣作品をいくつか生みました。

トンネルズ&トロールズのソロ・アドベンチャーの中でも最高峰の一つです。


カザンの闘技場

このブログを始める時のごあいさつにも書きましたが、私が最初にトンネルズ&トロールズに触れた作品です。

この作品もゲームブックとしては異様な構造を持っています。

ダイスを振って出た目のモンスターと戦うだけで、ほとんどワンダリング・モンスター表と変わりません。

多少戦いに変化を生むために、パラグラフを設けて飛び道具や魔法やその他の戦術をとれるように工夫してあるだけです。

戦いに勝てば賞金や魔法の品がもらえるかもしれません。

たったこれだけのことですが、当時小学生高学年だった私はこの作品に夢中になりました。

たったこれだけの構造なのに、この作品は実に様々なドラマを生むのです。

作った時はすぐに負けるだろうと思っていたキャラクターが1回戦で大番狂わせを演じ強力な魔法の武器を手に入れ、そのまま快進撃を続けてチャンピオンになったりします。

同時期に買っていたファインティング・ファンタジーシリーズのゲームブックは繰り返したとしても2~3回でしたが、私の社会思想社版のカザンの闘技場はボロボロになりすぎてセロハンテープで表紙が補強されています。

昔は今のように家庭のプリンターでキャラクターシートをコピーすることが出来なかったので、私の世代の人は皆、白紙さえあれば5版のキャラクターシートを空で書けるのではないでしょうか?

40代のいい年をしたおっさんが自慢することではないですが、カザンの闘技場で100勝したキャラクターのキャラクターシートが今もどこかにあると思います。


新版の「カザンの闘技場」の紹介というよりも思い出話になってしまいました。

良い冒険を!

にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村

2

T&Tアドベンチャーシリーズ2 死の女神の口づけです。

表題作の他、あのゲームブックの元祖という説もある名作「バッファロー・キャッスル」も収録されています。

その他に3本のシナリオも付いて、このシリーズの1に続いて今回も盛りだくさんな内容です。


掲載作品紹介

それでは各掲載作品を紹介しましょう。


バッファロー・キャッスル

その名の通り、「バッファロー・キャッスル」という名の城で冒険するソロ・アドベンチャーです。

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、今回が本邦初公開ではないです。

「ウォーロック」誌13号に掲載されていました。

ただ、私は「ウォーロック」誌を読み始めたのは18号からでしたので、リアルタイムではこれを見ていませんでした。

かなり何年も後になって英語版を手に入れた私は自力で訳して遊びました。

そういうわけで、私にとっても思い入れが深い作品です。

昔のは今回の掲載作品とは少し異なり、最初にバッファロー・キャッスルに行く依頼をされるシーンの無い物でした。

意外かもしれませんが、最初のソロ・アドベンチャーの作者はケン・セント・アンドレではなく、リック・ルーミスです。

彼はフライング・バッファロー社の経営者で、ケンたちが作ったトンネルズ&トロールズを気に入り商品化した人です。

ソロ・アドベンチャーとはTRPGが生まれたばかりの時代にT&Tを売り出すためのアイデアだったのですね。

リック・ルーミスがいなければトンネルズ&トロールズを私たちが手にすることが出来なかったかもしれません。


死の女神の口づけ

最長のソロ・アドベンチャーということですが、3本の作品を組み合わせた構成になっています。

ちょっと構成がおかしいのか、パラグラフの連結にエラッタがあるのではと思うくらい話の展開についていけない箇所も見受けられます。

それと能力値のインフレが起こるのでメガキャラクターが出来上がります。

お気に入りのキャラクターで挑戦すると、最後まで生き残ったとしても、もう別人のようになってしまい他で使えなくなるので注意してください。

いくらトンネルズ&トロールズだからといってもこれはやりすぎだと思います。

正直なところ、私はこの作品が好きではありません。

良いところを探しましょうか?

レロトラー様に会えるのはうれしいですね。

ただし、超絶劣化のババァ化していますが・・・。


良い冒険を!

にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村

1

T&Tアドベンチャーシリーズ1 アドベンチャー・コンペンディウムです。

9本の短いソロアドベンチャーに1本の長めのソロ・アドベンチャー、それから3本のシナリオが掲載されています。

これらは本国アメリカの雑誌「ソーサラーズ・アプレンティス」誌に掲載していたものの邦訳版です。

それに加えて、同じく「ソーサラーズ・アプレンティス」誌掲載のパズルの記事、さらには日本の「ウォーロック」誌に掲載されていたシナリオを4本プラスした、こんなことしちゃっていいのかしらというような豪華な内容です。


掲載作品紹介

それでは各掲載作品を簡単に紹介しましょう。


キングメーカー

「ソーサラーズ・アプレンティス」誌で最初のソロ・アドベンチャーだそうです。

冒頭からすごいです。

主人公は退屈だから冒険に出て、いきなり戦いもセービング・ロールも無しに数行の文章で強制的に蛮族に捕らえられ、彼らの王の生まれ変わりと勘違いされて王になる試練を受けるというぶっ飛んだ内容です。

初期のソロ・アドベンチャーのせいかその力業の展開といい、原初のパワーを感じますね。

はたして君は生き延びることができるでしょうか?

作者はマイケル・スタックポールです。

彼は「恐怖の街」の作者でもあります。

「恐怖の街」も予想もしないぶっ飛んだ展開が多いですから彼の作風なんでしょうね。


7人の賛成者亭

ケン・セント・アンドレの作品です。

怪物だらけの酒場でいったい何が起こるのでしょうか?


金の粉と赤き死

再びマイケル・スタックポールの作品です。

ガルで麻薬の密輸をする話です。


剣の冒険

これはかつて「ウォーロック」誌で読んだことがありますね。

カザンの街をうろうろする話です。

カズ・コボルド(ウォーロック版はクズと訳されていました。)にオーダーメイドの剣を作ってもらい、さらにバッファロー・キャッスルで何らかの魔力を追加して、そのオリジナル魔剣に名前をつけるのが私のお気に入りです。

ちなみに剣の名前は「ブライト・ブリンガー」とか、「イビル・ビッター」とか「敵スレイヤー」なんていうのもありました。

センスないですね・・・。

このソロアドの作者はケン・セント・アンドレです。


泥棒を止めろ!

これもマイケル・スタックポールです。

ガルの波止場で泥棒を捕まえる依頼を受けます。

黒幕はあのキャラです。


雇われ盗賊

作者はロバート・B/ショフィールドです。

この人の作品は他に知りません。

ひとつ言えることは、プレイヤーは1~4レベルなのに周りの人が高レベル呪文唱え過ぎ!


_(形容詞)な_(名詞)の伝説

_の部分にランダムに言葉を入れて変わった冒険を楽しもうという趣向です。

作者はリズ・ダンフォースです。

彼女はイラストレーターとしても活躍していますが、多才ですね。


はじめての任務

これも作者はケン・セント・アンドレです。

カザン帝国海軍に入隊して航海するお話です。


苛烈な追跡

またまた、作者はマイケル・スタックポールの登場です。

T&Tの初期は彼とケン・セント・アンドレが人気を二分していたというのが分かりますね。

マイケル・スタックポールの定番ガルを舞台にした作品です。


氷域圏

これまでのものより少し長めのソロ・アドベンチャーです。

作者はポール・クリールマンです。

本の表紙の赤い怪物はこの作品に登場する「大赤虫」です。

トロールワールドではない世界の物語です。


アクストン王の墓所

ここからはソロ・アドベンチャーではなく、GMアドベンチャー(シナリオ)です。

作者はポール・ライアン・オコナーです。

正統派のダンジョン探索ものです。


海の略奪者の霊廟


作者はリズ・ダンフォースです。

これもダンジョン探索ものです。

黒龍亭

これは「ウォーロック」誌に掲載されていました。

シナリオというよりも設定集のように感じます。

これだけでセッションするにはGMの腕がかなり必要な気がします。


ここまでが「ソーサラーズ・アプレンティス」誌に掲載されていたソロ・アドベンチャーとシナリオです。



「ソーサラーズ・アプレンティス」誌の作品は他にないの?

ここで疑問があります。

「ソーサラーズ・アプレンティス」誌に掲載されていた作品はこれで全部でしょうか?

「ソーサラーズ・アプレンティス」誌は17号まで出版されました。

ただし、9号と10号は合併号です。

各号に掲載のソロ・アドベンチャーおよびシナリオは以下です。

#1 キングメーカー
#2 7人の賛成者亭
#3 海の略奪者の霊廟
#4 金の粉と赤き死
#5 剣の冒険
#6 Renlak's Do-or-Die Puzzle Room(レンラックのやるかそれとも死ぬかのパズルの部屋)
#7 泥棒を止めろ!
#8 Rogue's Quest(悪党の探索)
#9/10 Wild Ride(ワイルドな騎乗) アクストン王の墓所
#11 黒龍亭
#12 雇われ盗賊
#13 _(形容詞)な_(名詞)の伝説
#14 The Emerald Dome(エメラルドドーム)(汎用シナリオ)
#15 はじめての任務
#16 苛烈な追跡
#17 Hard Time in Hoxley(ハックスリーの困難な時)(汎用シナリオ)


これを見ると外された作品は5つで、そのうち2つは汎用シナリオなので、まあ外されるのは分かります。


Renlak's Do-Or-Die Puzzle Room(レンラックのやるかそれとも死ぬかのパズルの部屋)はシナリオです。

作者はRick Goodmanです。

その題名の通りパズルが仕掛けられた部屋がたくさんあるダンジョンものです。


Rogue's Quest(悪党の探索)はソロ・アドベンチャーで、作者はAntony Dismukesです。

なにやらローグ(盗賊)になって試練を受ける話のようですが、すいません、きちんと読めていません。

いずれ読みたいと思います。


Wild Ride(ワイルドな騎乗)もソロ・アドベンチャーです。作者はBob Webberです。

これも読めていませんが、挿絵が馬車に乗ってケンタウロスの集団に襲われているので、西部劇で駅馬車がインディアンに襲われるようなイメージでしょうか?


こうして見ると3作品とも面白そうですよね。

どうして外されたのでしょうか?


話が脱線したまま終わりますが、アドベンチャー・コンペンディウムの紹介でした。

良い冒険を!

にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ